Home Search Admin
新・地震学セミナー

このサイトは「地震爆発論学会」の研究を掲載する場を兼ねています。

投稿を希望される方は、管理者ansin@ailab7.com 宛メール送信してください。管理者が内容を
判断して適宜紹介させていただきます。


過去ログは「セミナー倉庫」に収録してあります。次の索引一覧からごらんください。

http://www.ailab7.com/log/seminarsakuin.html





記事のタイトル一覧をHomeにリストアップしてあります。New!


  [3587]トランプ主治医の命がけ告白”だから目覚めよ!”
Date: 2022-01-10 (Mon)
トランプさんやブラジルのボルソナロ大統領のコロナ感染を治療した医師が命がけの告白をしています。


クリックするとRumbleの記事に飛びます。
トランプを治療した主治医、命がけの発言


ポイント:
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・私は毎日迫害を受けている。

・ワクチン接種は「大量殺戮」である。

・ビル・ゲイツは70億人の人口がワクチンを打たなければならないと述べた。その場合、20億人の人口が死亡することになる。

だから目覚めてください!これは第三次世界大戦です!

・ワクチンは必要ありません、誰にも必要ありません!

・政府は嘘をついている、ワクチンにはひどい副作用があります。

・私たちの政府は腐敗しています。私たちの政府は陰謀を企んでいます。

・もし私が陰謀を企てる組織のトップならおそらく自国の大統領にこう話すでしょう。

「見ろ、ここに5億ドルがある。追跡不可能な口座に入金するから、
君はそのままいうとおりにしろ、いうことを聞かないとお前の家族を殺す」と・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

また、米上院の聴聞会で語られた“ワクチン被害者”の話が載っています。

冒頭で、上院議員ロン・ジョンソンが次のように語っています。

「真実を語ることに代価が伴うことをよく知っています。だから出席してくれたことに感謝します。
このような場を設けなければならないこと自体恥ずかしいことです。もし政府や保健当局がきちんと役割を果たしていれば、米国人を対象に、正直かつ透明であったならば、今日このような場は必要なかったはずです」


クリックするとRumbleの記事に飛びます。
ワクチン被害の真実


これだけ多くの悲劇が発生しているのに、ファウチには何の反省もありません。

しかし、日本はこのような場(衆議院議員が開催する聴聞会)さえないのではないでしょうか。

やがて、政治家、官僚、医療従事者などの多くが、「新・ニュルンベルグ裁判」によって裁かれる時代が来るでしょう。人間をモルモット扱いしていますし、人工的な人類の削減計画は神の怒りを買うはずです。

  [3586]中国に反対すると、コロナが流行るのは何故か?なぜか
Date: 2022-01-07 (Fri)
「2022年コロナ戦争の行方」というタイトルのバイデン守護霊と習近平守護霊の霊言を拝聴して来ました。

バイデンは「オミクロン株が何故英米仏で流行るのか」が理解できず「助けてくれ」と言っていますが、習近平は「オミクロン株がおさまったら、次を撒く」と言っていました。

どこかに書いたように一方の大将が戦争をしている認識がない世界戦争というのは恐ろしいものです。
気付くのが遅くなればなるほど、アメリカの被害は大きくなり、超大国からの転落が早まるでしょう。

トランプさんの復帰を願ってやみません。

紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


なぜ、「オミクロン株」は、欧米で猛威を振るっているのか。その原因とは?
この度、霊言「2022年コロナ戦争の行方—バイデン守護霊/習近平守護霊の霊言—」(音声のみ)が公開されました。



バイデン大統領の守護霊が、ワクチンを接種しても米国のコロナ感染が収まらない事態に困り、大川総裁に助けを求めに来た霊言と、習近平国家主席の守護霊より、コロナ等に関する2022年以降の計画について語られた霊言は、国際政治に関心のある方、コロナパンデミックの行方を知りたい方などにお勧めです。

【POINT】
〈バイデン守護霊の霊言〉
◆ 一日あたり「過去最高の感染者」を出したことのショックを語る。
◆ 中国への「経済制裁」をしたり、「人権問題」を言えば言うほど、コロナが流行る不思議。
◆ 自ら、先の「アメリカ大統領選」での不正を認めた!?

〈習近平守護霊の霊言〉
◆ どんな方法で、「コロナウィルス」を撒いているのか?
◆ 2022年以降の戦略は?「オミクロン株」の次はどうなる。

【参加者の声】
・コロナ問題は中国が仕掛けた戦争であると、バイデン大統領や日本の政治家にもしっかりと認識していただきたいと思いました。(50代男性)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

習近平の守護霊は「今恐れていることは?」との質問に、トランプのような大統領が出現することだ、と答えていました。

トランプさんが復帰すれば、中国は分裂し、漢民族はナチスのように忌み嫌われるようになることでしょう。

  [3585] プレート論を破棄しないと地震の本当のメカニズムは解明できない
Date: 2022-01-02 (Sun)
日本各地で地震が多発していますが、能登半島で継続している地震に関して、京大防災研の西村准教授が。「水」が原因ではないかと述べておられます。

まずは、昨年10月のGPS観測に基づく見解(北国新聞の報道による)を紹介します。

―――――――――――――――――――――――――――

珠洲、GPSで地殻観測 奥能登で今年地震50回 京大防災研・西村准教授 金大協力、4地点2021/10/28



「ひずみ」から原因解明

 京大防災研究所の西村卓也准教授は27日までに、今年に入って地震が50回頻発している珠洲市と周辺で、衛星測位システム(GPS)を利用した地殻変動の観測を開始した。地下の「ひずみ」のデータから地震の原因に迫ろうと、金大と協力して4カ所の観測点を設置し、24時間体制でデータを収集している。西村准教授は「地殻の動きが急に止まるとは考えにくい。今の状況が数カ月は続くのではないか」と警鐘を鳴らしている。

 西村准教授は9月上旬、金大の平松良浩教授(地震学)と協力して、珠洲市の大谷小中、日置(ひき)ハウス、みさき小、能登町柳田中に観測点を設けた。

 内陸地震は、地殻の移動によってひずみがたまり、ある時、限界を超えて破壊や変形が起き、発生する。地殻の動く速さは年間数センチと非常にゆっくりで捉えにくいが、1990年代以降にGPSの技術が進化し、水平方向は2、3ミリ、垂直方向は1センチほどの誤差で動きを観測できるようになった。

 全国には、国土地理院が設置したGPSの観測点が1318カ所ある。そのうち石川県内は18カ所で、珠洲市内は野々江総合公園内の1カ所。珠洲の群発地震を受け、西村准教授はこれら既存の観測網だけでは詳細な分析ができないと判断し、臨時の観測点を設けることにした。

 これまでのデータから西村准教授は「震源集中域付近の地下約15キロに水などの大量の流体が入り込んで膨らんでいるモデルを考えると、今の動きが説明できる」と一つの見方を示す。

 そうした動きの原因として、古い火山の影響などが考えられるが、能登に火山はない。西村准教授は「あまり見たことのない珍しい現象であり、今後の推移に注目したい」と述べた。

 珠洲市では26日午後11時48分ごろにも正院町で震度1の地震があった。止まらない揺れに市民からは「いつ収まるのか」「気持ちが悪い」との声が聞かれる。

―――――――――――――――――――――――――――


北国新聞の記事ではなぜ水が生成されるのかの解説はありませんでしたが、今日(1月2日)の朝日報道では、日本列島の下に潜り込むプレートから「水」が供給されるという解説がありました。

朝日新聞の有料記事から、前半の無料記事部分を紹介します。

――――――――――――――――――――――――――――

能登半島で1年続く謎の地殻変動 3cm隆起した場所も、原因は水?
会員記事

山野拓郎2022年1月2日 8時00分

 石川県能登地方で謎の地殻変動が1年続いている。3センチほど隆起した観測点があるほか、震度5弱など震度1以上の地震は約70回発生した。専門家は、地下から上昇してきた水が地殻を膨張させた可能性を指摘する。しかし、仮にそうだとして、その水はどこから来たのか。詳しい原因は不明なままだ。変動が終息に向かう兆候もなく、注視するしかないのが現状だ。

 「なぜ地震活動と地殻変動が続いているのか、明確な理由が分からない。我々が経験していないことが起きている可能性もある」

 2021年12月にあった地震調査委員会の会合後、能登地方の地震と地殻変動について記者から問われた平田直委員長は、専門家の間でも議論が続いている現状を明かした。

 国土地理院によると、能登半島の先端にある珠洲市では20年12月ごろから隆起が続き、これまでに3センチほど隆起した地点もあった。

 地震も増えている。金沢地方気象台によると、21年1月から12月22日までに震度1以上の地震が69回発生。21年9月16日には震度5弱の地震も起きた。体に感じない揺れも含めたマグニチュード(M)1以上の地震は3千回以上を数える。

 京都大防災研究所付属地震予知研究センターの西村卓也准教授(測地学)は「ふつうは大きい地震のあとに余震が続き、発生数はだんだん減っていく。これだけ続くということは、地下に何らかの力がかかり続けていると考えないと説明がつかない」という。

 地下でいったい何が起こっているのか。京大と金沢大のGPS観測では、地殻変動が始まって以降、震源周辺の地下10〜15キロの地殻が膨らんでいることが分かっている。何かが大量にたまっているらしい。西村さんは、この「何か」が水ではないかと考えている。

 水の供給源として考えられるのが、太平洋から日本列島の地下へ沈み込んでいる海洋プレートだ。

 プレートには、海底下にあった時に岩石の隙間に入り込んだ海水や、鉱物の構造の中に含まれる結晶水と呼ばれる水がある。こうした水の多くはプレートとともに地球の地下深くに入っていくが、地下250キロほどから何らかの原因で分離し、十数キロまで上昇した可能性が考えられるという。


プレートから水は沁みだしません
水が原因で地震が起きるのではなく、
解離水(酸素と水素)が結合することが地震で、それによって結合水(H2O)が生成されるのです。
定説地震学は「本末転倒地震学」といえるでしょう。
プレートテクトニクスを破棄しないと地震の真相は見えてきません!



 火山の下にできるマグマだま…


――――――――――――――――――――――――――――

有料記事なので、後半は紹介できません。

群発地震が長期に渡って継続した長野県の松代地震では大量の水が噴出し、地崩れなどが発生したことがあります。

皆神山と云うかつての火山の地下で解離水が結合(これが地震の原因)して、結合水が形成されたと地震爆発論では解釈しているのですが、プレートからどうして水が形成されるのか理屈が存在しないように思います。

つまり、日本列島は溶融マグマ(マントル物質)の上に浮かんでいますから、どこで地震が起きてもおかしくないのです。

地下からマグマが押し上がっているところでは、どこにも地震が起きる可能性はあるのです。

南海トラフ地震ばかりに注目しても意味がありません。大きな地震が違う場所で起きる可能性もあることを知るべきです。


南海トラフ地震だけに注目しても意味がありません。

日本列島にはどこにでも地震は起きます。




プレートテクトニクス理論や活断層理論とかをそろそろ見限って捨てましょう。

  [3584]トランプ復帰2期8年説を予言するノストラダムスの霊
Date: 2021-12-27 (Mon)
トランプ応援With Saviorデモ in名古屋から丸一年経って、トランプさんの口から「Savior Alive] という言葉も聞かれました。

With Savior デモの様子は「看中国」の報道もありました。

---------------------------------------

27日「トランプ大統領応援WITH SAVIORデモ」in Nagoya
12月27日(日) 12:00〜 LIVE配信済

「トランプ大統領応援WITH SAVIOR デモ」in Nagoya

12月27日(日)13:30デモ出発
場所:名古屋「久屋大通公園」(光の広場)
主催者:不滅の正義を守る会


-----------------------------------

昨日拝聴した「ノストラダムス22世紀への道を語る」という霊言で、ノストラダムスはトランプが復活し、2期8年大統領としてアメリカを立て直すと語っていました。




また、近刊の「メシアの法」が広がるとき、ノストラダムスの予言は役割を終え、「戦慄の啓示」も消滅するということでした。


メシアの法


[3583]で「トランプさんの復帰が確実になることが今年のクリスマスの最大のプレゼントになるような気がします。」と述べましたが、「トランプさんの復帰、2期8年(60%の確率)」という霊言は24日のクリスマスイブに収録されたそうです。

まさにトランプサポーターにはクリスマスプレゼントになりました。

  [3583]ブッシュ元大統領の軍事裁判結果とトランプさんのWith-Savior発言
Date: 2021-12-21 (Tue)
ジョージ.W.ブッシュの有罪(来年1月4日刑執行)が決まったとRRNが報じています。


いっぽうで、トランプさんがダラスの教会で発言した「救世主がこの世に生きている」という内容が話題になっています。

----------------------------------------------------------------


私たちの国には救い主が必要であり、私たちの国には救い主がいます。
それは私ではなく、私よりはるかに高い人です.


https://twitter.com/i/status/1472889369463828484

“Our country needs a Savior, and our country has a Savior; and that’s not me but someone much higher up than me. Much higher.” -President Donald J. Trump

英語からの翻訳

「私たちの国には救い主が必要であり、私たちの国には救い主がいます。それは私ではなく、私よりはるかに高い人です。はるかに高い。」 -ドナルド・J・トランプ大統領

----------------------------------------------------------------

一年前の12月27日に名古屋でトランプ応援デモをやりました。

その中で「Trump is with Savior」を連呼したことを思い出します。







トランプがバイデンなどに敗北するわけがありません。

「強くなって必ず帰ってくる」という約束も述べました。

「今、私たちの国にはたくさんの雲がかかっていて、とても暗い。しかし、我々は今まで以上に大きく、良く、強くなって戻ってくることを約束する。(第45代アメリカ大統領ドナルド・J・トランプ):ジェフレス牧師のクリスマスイベントにて」

トランプさんの復帰が確実になることが今年のクリスマスの最大のプレゼントになるような気がします。


  [3582] ついに9.11の真相が暴かれる時が来た
Date: 2021-12-16 (Thu)
ジョージ・W・ブッシュ政権当時の国防長官と国務長官の死亡原因がともに自殺だという報道が過去にありました。

そして今日はその大統領の9.11事件に関する疑惑が軍事法廷で明るみに出てきました。

チェイニー副大統領が考えた悪事のようですが、とんでもないことが「陰謀論」という一言で今までは隠ぺいされてきたようです。


ジョージWブッシュとチェイニー


12月 13, 2021
ジョージ・W・ブッシュ軍事法廷 第3日目パート1
----------------------------------------------
12月 15, 2021
ジョージ・W・ブッシュ軍事法廷 第3日目、パート2
By Michael Baxter -2021年12月15日(Real Raw Newsより翻訳)


物腰が柔らかく、引っ込み思案なドナルド・エヴァンスは、ジョージ・W・ブッシュの腐敗した政権の中で地味な存在であった。


元商務長官ドナルド・エバンズ


テキサス生まれのエネルギー王は、ブッシュのことを「ダブル・ユー」と呼ぶ長年の友人であり、ブッシュが好意を寄せる多くの閣僚の一人となり、選出議員としての数年間、43歳に忠誠を誓った人々に対する恩返しのジェスチャーであった。第34代商務長官を務めていたとき、エバンスは陰に隠れ、会議に呼び出されない限り、めったにオフィスを出なかった。当初はほとんど目立たなかったが、月曜日の午後、ブッシュの軍事裁判で検察側の証人として登場するまでは、全く無名の存在であった。

彼は、元上司に不利な証言をするためにZOOMに出演した。


ダース・E・クランドール少将は、証人に語りかけた。「エバンスさん、この委員会はあなたがここにいることに感謝します。最初にインタビューされたとき、あなたが私に言ったことを、この委員会に話していただけませんか?」

予想通り、ブッシュの弁護士デビッド・アウフハウザーは、面談の機会を与えられていない証人を呼び出すのは「極めて異例」であると異議を唱えた。

ブッシュは初めて声を張り上げた。「よりによって、ドナルド、あなたが......」と彼はつぶやいた。

しかし、クランドール少将がそれを遮り、出席者全員が秩序維持に同意しない限り、議場を空け、ブッシュとアウフハウザーの欠席裁判を終わらせると言った。委員会は、エバンスの証言を聞くことになるという。

「2001年9月10日、月曜日の朝、私はいつものように事務所にいました。その日の朝10時か11時頃、正確な時間は思い出せませんが、ブッシュが私のオフィスの電話をかけてきました。彼は、私に言いたいことがあると言いました。彼の声は震えているようで、他にどう表現したらいいか分かりません。緊張していたのかもしれません。当時、私にはタワーで働く家族や友人がいました。彼は突然、その日は中に入るなと言うように私に言いました。実際、この街を避けるようにと言われました」とエバンスは言った。

「被告であるジョージ W. ブッシュは、あなたにそう言ったのですか? そして、電話の声が彼のものであったことは確かですか?」とクランドール少将は尋ねた。

「私は50年来の知り合いです。彼の声を知っているのは確かです」とエバンスは答えた。

「そして、彼は、あなたの友人や家族が、9月11日の火曜日、タワーやマンハッタンを避けるべき理由をあなたに伝えましたか?」とクランドール少将は言った。

「彼は、何かが起こるかもしれない、そして、もし起こったとしても、そのことや彼が私に言った警告を決して口にするなと言っただけです。彼は、脅すわけではないが、威圧的な言い方で言いました。彼のことを本当に知っている人でなければ、私の言っている意味が分からないでしょう」とエバンスは言った。

「彼のアドバイスに従ったのですか? 彼らに警告したのですか?」とクランドール少将は尋ねた。

「彼が本気だとは思いたくなかったので、しませんでした。もしそうしていたら、彼らはまだ生きていたでしょう」とエバンスは言った。

「そして、ブッシュの怒りを恐れて、20年間一度も彼の警告を誰かに言ったことはなかったのですか?」とクランドール少将は尋ねた。

「それは事実ではありません。私は9/11委員会のトーマス・キーン委員長に手紙を送りました。彼は、最終報告書からそれを省くことを選んだのでしょう」とエバンスは言った。

沈黙の後、クランドール少将は、弁護側が証人に反対尋問を行うかどうか尋ねた。

「エバンスさん、私は2つだけ質問します。まず、クランドール少将、法務総監、あるいはOMCは、今日の証言の見返りとして、あなたに何か約束をしたのでしょうか?」とアウフハウザーは言った。

「いいえ」。

「あなたと被告との通話が行われたとする証拠はありますか? 録音テープとかメモとか。9/11委員会に送った手紙のコピーは?」アウフハウザーは彼に迫った。

「ありません」。

その返答に満足したのか、アウフハウザーは追加の質問をせず、クランドール少将は次の証人は火曜日の朝に法廷に現れると言った。
-------------------------------------

パート2は(RRN-126)ロニーキシモト氏の動画でも紹介されています。

ドナルド・エバンズ元商務長官の証人出廷にブッシュは驚いて「まさかお前が・・・考えてもいなかった・・」とつぶやいたとあり、ブッシュの狼狽ぶりが表れていて悪事の信憑性を感じさせます。

自殺した二人の記事を紹介します。

------------------------------------------------------------------------

ラムズフェルド氏、軍事法廷で自殺、自然死ではなかった
By Michael Baxter -2021年7月18日(Real Raw Newsより翻訳)


6月30日、主要メディアは6月29日のドナルド・ラムズフェルド元国防長官の死を報じた。ラムズフェルド元国防長官は88歳にして片足を墓に突っ込んでおり、いつ死んでもおかしくない状態だった。ラムズフェルド氏の死因は多発性骨髄腫とされている。多発性骨髄腫とは、白血球に発生する癌で、骨や腎臓、免疫系にダメージを与える。重い病気ではあったが、癌が彼を殺したのではない。

ラムズフェルド元国防長官


むしろ、ラムズフェルドの命令で、イラクやアフガニスタンで架空の大量破壊兵器を探していた米兵の死の責任を問う軍事法廷で、彼は自殺したのである。



軍がどのようにしてラムズフェルドを捕まえたのか、具体的な経緯は不明だが、RRNによると、ラムズフェルドは5月27日に逮捕され、直ちにディエゴ・ガルシアに飛んだという。RRNがこのニュースを取り上げるのが遅かったのは、我々の法廷コンテンツの大半がGITMOでの裁判に由来するものだからだ。


RRNの情報によると、軍はラムズフェルドが9.11への関与や、米国防総省と取引のあった証券会社「カンター・フィッツジェラルド」が「偶然」破壊されたことについても尋問するつもりだったという。 この会社のサーバーは650人の従業員とともに破壊され、ラムズフェルドが2兆3000億ドルの国防総省の資金を不正に流用して、個人的な「ブラックオプス」計画に資金を提供した証拠があると言われていた。実際、9月11日の前日、ラムズフェルドは国防総省がその金額を不可解にも「紛失」したことを認めた。



しかし、軍事委員会は、裁判で証拠を提出する機会もなく、ラムズフェルドから自白を引き出すこともできなかった。



審理開始から15分後、米海軍法務官が膨大な罪状を読み上げ始めたとき、ラムズフェルドは耐え難い肉体的苦痛に耐えているかのようにうずくまり、痙攣して床に倒れ、口から泡を吐いたのである。 救急隊員が部屋に入ってきたが、彼を救おうとする努力は無駄に終わった。数分後、ラムズフェルドは息を引き取った。



7月1日に行われた検死の結果、ラムズフェルド氏が裁判で着用していた老眼鏡のテンプル(つる)の先端に微細な針が隠されていたことが判明した。その針には、致死量の青酸カリが入っていたのである。軍の法医学病理調査官は、ラムズフェルドが無邪気に眼鏡を外し、舌や頬に毒を注射したに違いないと述べている。

------------------------------------------------------------------------

コリン・パウエルの自殺
By Michael Baxter -2021年10月18日(Real Raw Newsより翻訳)


偽バイデン政権とそのメディアは、コリン・パウエルがワクチンを完全に接種していたにもかかわらず「Covid-19の合併症」で死亡したと主張し、アメリカ国民にまた新たな誤謬をもたらした。死に至るような画期的な感染症は一般的になりつつあり、代替メディアによって広く報道されているが、コリン・パウエルはCovid-19の陽性診断を受けたこともなければ、中国のウイルスに関連する一般的な症状を示したこともなかったと、匿名を約束した政権の内部告発者は語っている。


コリン・パウエルとバイデン

政権とメディアは、パウエルの死についての詳細をほとんど発表しておらず、死亡場所や死亡時刻も不明瞭であるが、彼の死をCovid-19のせいにするのは早かった。

多発性骨髄腫を患っていたパウエル氏は、月曜日の早朝に自殺したという。

「パウエルは、処方された睡眠薬を1瓶飲んだ後、自宅で死亡した」と彼は語った。

彼によると、パウエルの妻アルマは午前3時に目を覚まし、夫が息をしていないことに気づいた。彼女は、前の晩にほぼ満タンになっていたAmbien*の空ボトルがベッドシーツの中に挟まっているのを発見した。


「アルマは911に通報した。アルマは、コリンが数日前に満タンにしたばかりのAmbienの空ビンを見つけ、911に通報した。911はホワイトハウスに電話をかけたが、ホワイトハウスには何の連絡もなかった。救急隊員も救急車も、バージニア州マクリーンの自宅には現れず、FBIだけがやってきた」と情報源は語っている。
2人のFBI特別捜査官と機関の法医病理学者が、午前4時過ぎにパウエル家に到着した。彼らは、パウエル夫人がヒステリー状態に陥り、亡き夫の遺体の上に覆いかぶさって大声で泣き叫んでいるのを発見した。寝室を徹底的に調べた結果、一人の捜査官がパウエル夫妻のベッドの横の床に遺書のようなものを見つけた。

「アルマ、君と子供たちをいつも愛しているよ。しかし、私は年老いて病気になった。他の人たちのように、すぐに見つかるだろう。私の遺産をそのように終わらせたくはない。皆さんが私を許してくれることを祈る、私がしてきたこと、そしてもうする必要のないことを。ガラスの塔の中の人は、上昇してはいけない。私は自分自身を主の手に委ね、彼らよりも私を裁いていただきたいのだ」と書かれていたとされる。

共和党を名乗っていたパウエルは、名ばかりのRINO*(共和党)だった。彼は、ドナルド・J・トランプの率直な反対者であり、ヒラリー・クリントンとジョー・バイデンの大統領選への出馬を支持していた。

「FBIはカマラ・ハリスに直接電話をかけ、カマラ・ハリスは、彼がCovidで死亡したように見せかけるために、死を偽装しなければならないと言った」と情報源は語っている。「FBIはディープステートの道具である」。

政府とCDCは、過去2年間のすべての人の死がCovid-19によるものであるかのように見せかけるために、死亡証明書を偽造するよう、医療機関や市や郡の検視官に指示している。

-------------------------------------------------------------------

以前からQ情報としてはブッシュ大統領の仕組んだ悪事説は流れていました。

航空機が突入してもいない第7ビルが崩壊したのは、そこに貯蔵してあった大金をブッシュ、チェイニー、ラムズフェルドが事前に盗んで山分けした・・・という話もありました。空になったビの証拠隠滅のために崩壊させたという話でした。

また、事件当時はオサマ・ビン・ラディンもアメリカにいて、事件後にサウジアラビアに特別機で逃したという話もありました。

今回の裁判でWTA800機が空中分解したのはクリントンの仕業だという驚くような「陰謀論」も陰謀ではなくなるような気配です。

やはり、トランプさんが実質的には軍を動かしてコントロールしているような気がします。

早く明るいアメリカが取り戻されるよう・・祈るばかりです。

  [3581]SF小説「2022年地軸大変動」を読んで地球物理学者も頭を柔軟にして欲しい
Date: 2021-12-01 (Wed)
松本徹三著「2022年地軸大変動」というSF小説が9月に発刊されています。
内容は地球に植民地を作りたい宇宙人が、自分たちの都合のよい環境、つまりアンデス山地とヒマラヤ山地を年中太陽光線が届くように地軸を約90度、宇宙技術で変化させるというものです。

コンゴの熱帯雨林地区が新しい南極になる・・・というSF小説の一こま




SF小説が示す新しい地球の姿
現在の北極、南極が赤道直下に移動します。
日本は温帯地域のままで、気候は爽やかになるでしょう。
台風に悩まされることもなさそうです。



SF小説とは言え、プレートテクトニクス理論の牙城を打ち砕くよい流れだと感じています。

地球がこのSFで言っているような姿勢になったことが過去にあったことが、アフリカの砂漠に氷河の運んだ石があることの意味ですし、南極大陸に熱帯性の植物や恐竜の化石が存在する意味を説明しています。

本当にこのような姿勢をもう一度地球が経験するとすれば、南極大陸の氷の下に古代文明の跡が現れてくることを見るでしょう。
そうなれば、新しいテーブルマウンテンが姿を現すかもしれません。ただし、白亜紀のように長期間同じ姿勢であったわけではないので、ケープタウンや、ギアナ高地に見られるような大規模な平頂火山は形成されていない可能性があるでしょう。

[3174]ハプグッド教授の地殻スライド説を裏付ける証拠で紹介したように白亜期の後期には地球の姿勢は3.7億年も同じ姿勢であったようです。
地球上の顕著な平頂火山(テーブルマウンテンや、ギアナ高地のテプイ、海洋底の「ギョー」など)はこの時期に形成されたものと考えられます。



その後の地球はかなり頻繁に姿勢を変えていますので、規模の大きな平頂火山の形成は期待できませんが、小さなものは現在の南極大陸には誕生している可能性があります。


このように、地球の歴史を考え直すためにはSF小説も科学者にとって大切なものではないでしょうか。

  [3580]COVIDワクチンは医療ではなく殺処分である
Date: 2021-11-28 (Sun)

ヴァーノン・コールマン 博士


COVIDワクチンが "殺人 "であることを医学的に証明する。ヴァーノン・コールマン - 2021年11月22日

----------------------------------------

『我々は、mRNAワクチンが内皮上の炎症と心筋へのT細胞浸潤を劇的に増加させ、ワクチン接種後の血栓症、心筋症、その他の欠陥イベントの増加という観察結果を説明できると結論づけた。』

このワクチンが実験的なものであることは、ずっとわかっていました。
mRNAのワクチンはCOVID-19の感染を防ぐことができないことはわかっています。またCOVIDの拡散を防ぐこともできません。
ワクチン接種者の間では、膨大な数の死亡者や重傷者が発生しています。

今私はワクチン接種プログラムを中止するための証拠を手にいれました。

私はこの一年間、このワクチンは実験であり、確実に人を殺し、怪我をさせるもの
だと言い続けてきました。

リスクや副作用の可能性をすべて開示した上で、十分な同意と理解を得ずに、人々を実験することは犯罪であるということを、私たちは常に知っています。

今この実験を止めなければならない証拠が存在します。このCOVIDワクチンの実験が今日以降も続けられれば、これは医療ではなく、殺処分であることが絶対的にわかります。

-------------------------------------

今、世界は「民主主義的価値観」と「共産主義的一元管理人知主義価値観」との間で世界戦争が起きています。一方が「超限界戦争」「なんでもあり戦争」を採用しているのに、他方の大将であるべきバイデンは能天気に「相手は敵じゃなくてライバルなんだよ」と言っている始末です。

片方が「世界大戦」を戦っている自覚のない危険な構図になっています。バイデンが残る任期(3年)を務めれば、確実に世界大戦は「共産主義一元管理」下の人治社会が勝利することになるでしょう。

その前にトランプさんが復帰して「民主主義的価値観」の陣営が勝利しなければなりません。


しかし、やがて世界大戦が終了すれば、戦争犯罪が裁かれる時が来ます。”新・ニュルンベルグ裁判”が開始すれば、敵・味方に関係なく、ワクチン接種という人体実験に関係した人物は裁かれることになるでしょう。

国家から一人につき5000円の補助をもらって“医療行為”をしたつもりになっている医師や看護師等は『殺人罪』に問われる可能性を覚悟しておかなければならないでしょう。



  [3579] 新世界秩序を企む陰謀の終焉迫る
Date: 2021-11-18 (Thu)
ティム・ギーレンという方が、世界は二つのコングロマリット(バンガード社とブラックロック社)によって支配されている、という少し長い動画で世界の真相を報告しています。頂点の二つのその下部にあるビルゲイツ財団、ソロスの財団、クリントン財団が表立って動いてきましたが、ビルゲイツやクリントンの終焉を迎えて、トランプしがやっている」光の行軍が勝利に近づいているのを感じます。
長い動画の前フリを紹介します。
「ティム・ギーレンによるこの見事なドキュメンタリーは、少数の超富裕層の犯罪者たちがいかにして地球上のほぼすべてのものを購入し、彼らがすべてを所有するまでに至ったかを明らかにしている。メディア、医療、旅行、食品業界、政府...まで。それによって、彼らは全世界を支配することができるのです。このため、彼らは新世界秩序を押し付けようとしています。」

世界は誰のもの?


新世界秩序の陰謀が崩壊する予兆を下記のニュースから感じ取ることができます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

関連ニュース
◆11月17
世界経済フォーラム(WEF)の創設者クラウス·シュワブがスイスの自宅で逮捕!
クラウス·シュワブはスイスの自宅で#GreatResetトレンドとして逮捕された


世界経済フォーラム(WEF)の創設者クラウス·シュワブ

conservativebeaver_skphjv
2021年11月12日投稿

世界経済フォーラム(WEF)の創設者クラウス·シュワブが金曜日、スイス·ケルニーの自宅で逮捕され、複数の詐欺容疑で起訴された。 警察の消息筋は、彼が新型コロナウイルス感染症の流行期間中に犯したとされる犯罪と関連し、ユーロポールの要請で逮捕されたと明らかにした。 クラウス·シュワブは現在拘留中だ。彼の弁護士はすぐに論評を受けることができなかった。

ウィキペディアによると、WEFは1月末、スイス東アルプス地域のグラウブンデンにある山岳リゾート地ダボスで年次総会を開くことで知られている。 この会議には、ビジネスリーダー、政治リーダー、経済学者、著名人、ジャーナリストなど、約3,000人の有料メンバーと選ばれた参加者が参加し、最大5日間にわたってグローバルな問題について話し合います。

APによると、次のようになります。 エリートの集まりには、通常、何百人もの有名な政府指導者、企業幹部、市民社会の擁護者、芸術家、俳優、音楽家が集まります。 しかし、フォックスニュースのローラ·イングラハム解説者は、2020年のフォックスニュースの視聴者に対し、会議は「市民社会を変革する」というグローバリズム計画を中心に行われたと警告しました。

https://www.conservativebeaver.com/2021/11/12/klaus-schwab-arrested-at-his-home-in-switzerland/

軍がジョージ・W・ブッシュ元大統領を逮捕

軍がアンドリュー・クオモを処刑

ヒラリー・クリントン、GITMOで絞首刑に

―――――――――――――――――――――――――――――――――――



  [3578] トランプの言葉「決してあきらめるな」
Date: 2021-11-07 (Sun)
どこかに紹介してあると思いますが、
トランプ大統領の卒業生に送る言葉です。


決してあきらめるな、正しいと思うことをやり遂げなさい・・・。





トランプさん自身も決して「不正選挙の証明」をあきらめていないと思います。

だから、私も諦めないで、地震爆発論、ポールシフト発生理論を広めていきたいと思っています。


それにしてもグレタ教の間違っていることが分からないで、大学生を煽ったり、世論を誤導しているNHKはいったいどうなっているんだろう・・・。

- SunBoard -