Home Search Admin
新・地震学セミナー

このサイトは「地震爆発論学会」の研究を掲載する場を兼ねています。

投稿を希望される方は、管理者ansin@ailab7.com 宛メール送信してください。管理者が内容を
判断して適宜紹介させていただきます。


過去ログは「セミナー倉庫」に収録してあります。次の索引一覧からごらんください。

http://www.ailab7.com/log/seminarsakuin.html





記事のタイトル一覧をHomeにリストアップしてあります。New!


  [3485] トランプ大統領が亡命政権樹立?
Date: 2021-02-20 (Sat)
トランプ氏が活動を再起動させています。フロリダのOrlandoで開かれるCPAC2021(2月25日〜28日)にはポンペオ元長官も登場し、MAGAを目指して立ち上がるようです。



Total News Worldの見出しには【CPAC2021】第45代トランプ大統領正式始動、亡命政府が具体化かとあり、亡命政府という見方も出ています。

声明文も、「これは私たちの国の大きな転換期であり、三流の指導者に我々の未来を託すことは出来ない!」という強い調子の言葉で結ばれており、今回の行動は予定どうりの「沼の水抜き」公約の実行のようにも考えられます。
マコーネルまで炙り出して、政界を浄化するのに、ここまでかかったということでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドナルド・J・トランプ第45代大統領の声明
2021年2月16日

共和党は、ミッチ・マコーネル上院議員のような政治的指導者が舵を取っている限り、二度と尊敬されたり、強くなったりすることは出来ない。
マコーネル上院議員は、政治的洞察力、知恵、技術、人格の欠如と一緒に、いつも通りのビジネス、現状維持の政策に専念しており、急速に彼を主要なリーダーから少数派のリーダーに追いやっており、それは悪化するだけである。

我々が求めているのは突出した強い信念と思いやりのあるリーダー層である。

民主党とチャック・シューマーは、フィドルのようにマコーネルを操っている。
彼らは、一度も良いことをしたことがない。
そしてそれがいつまでも続けば良いと思っている。

アメリカファーストが勝者である。
マコーネルのベルトウェイファーストやバイデンのアメリカラストではなく、アメリカファーストが勝者であることを彼らは知っているのだ。

2020年に私は史上最多の7500万票を獲得した。
現職の共和党員全員が数十年ぶりに勝利し、15議席をひっくり返し、ナンシー・ペロシは職を失うところだった。

共和党は98の党派別立法府のうち、少なくとも59の議席で過半数を獲得し、民主党は一つの立法府も赤から青にひっくり返すことは出来なかった。
そして、ミッチ・マコーネルの上院では、過去2回の選挙サイクルで、独力で少なくとも12の上院議席を確保し、2020年だけでも8以上の議席を獲得し、その後ジョージア州の惨事となった。

マコーネルは600ドルの刺激策を民主党が申し出た2000ドルに変更することに同意した。
この600ドルを2000ドルに変更したことが民主党の主要な広告となり、それが彼らに勝利を齎したのだ。

マコーネルはその後、米国で最も不人気な政治家の一人である自分自身を、広告に登場させたのだ。
ジョージアの多くの共和党員は、民主党に投票したか、或いは投票しなかったが、これは、彼らの無能な知事ブライアン・ケンプ、州務長官ブラッド・ラフェンスペルガー、そして共和党が2020年の大統領選の間に、選挙の完全性についての仕事をしなかったことへの苦悩の結果であった。

ジョージア州や他の特定のスイングステートでは選挙の大惨事となった。
マコーネルは何もしなかったし、将来に向けて公正な選挙制度を確保するために必要なことをすることもないだろう。
彼はそれが必要とも思っていないし、これからもそれをすることは決してないだろう。

(マコーネルが)私に支持を懇願した時に、それを与えてしまったことが唯一の後悔だ。

私の唯一の後悔は、2020年の選挙で、ケンタッキーの偉大な人々の前に、マコーネルが私の強力な支持を懇願し、私がそれを与えたことだ。
彼は1ポイントダウンから20ポイントアップになり勝利した。
彼は忘れるのが早い。私の支持がなければマコーネルは敗北していただろう。
今、彼の数字は以前よりも低く、彼は上院の共和党側を破壊しており、そうすることで、真剣に私たちの国を傷つけている。

同様にマコ−ネルは、彼の家族の実質的な中国ビジネスの持ち株の為に、中国についての信頼性を持っていない。彼はこの途方もない経済的、軍事的脅威には何もしないのだ。
ミッチは気難しく、不機嫌な政治家であり、共和党の上院議員が彼と一緒にいようとしているならば、彼らは再び勝つことはないだろう。
彼はやるべきことをやらないし、国の為に正しいことをやらない。

必要かつ適切な場合に、私は、アメリカを再び偉大なものにすることとアメリカ第一の政策を支持する主要なライバルを支援する。
私たちは輝かしく、強く、思慮深く、パンデミックの前に、私たちの国の歴史の中で最大の経済と雇用数を生み出し、同様にコビット19後の経済回復は世界最高だった。
税金と規制を削減し、退役軍人の世話をし、エネルギーに依存しないようにし、壁を建設し不法入国者の大規模流入を阻止した。

トランプ政権で経済と雇用は復活したが、バイデンはパイプラインを停止し税金を上げ、そして今、不法入国者が流入している。

これは私たちの国の大きな転換期であり、三流の指導者に我々の未来を託すことは出来ない!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実情は、大統領権限がペンタゴンの統合本部に委譲されているだけの、依然としてアメリカ大統領である可能性があります。大統領権限を委譲されたミラー元国防相、空軍のハイテン、ら3人が暫定軍事政権を掌握しており(注参照)、不正選挙の実態が把握され、その影響が清算されるまで、軍政が継続されると見解があります。
したがって、トランプが依然として大統領であるから、民主党が必死になってトランプ弾劾を実行したわけです。

暫定軍事政権が何時まで継続されるのかは、委嘱された3名の軍人の判断であると言う話ですから、三月か四月か、あるいは夏場か秋までかかるのかもしれません。

昨年9月に発令された政権移行に関する大統領令には「選挙に関して外国清涼が関与したという証拠が発見された場合には、数ヶ月間、政権移行を延ばすことができる」という条文があるそうです。

バイデン政権はフェイクであると言うわけですが、実体としても頼りのない、三流政治を行なっています。

早くトランプさんがアメリカを立て直してほしいものだと思っています。

注: すでにアメリカ軍事政権は動いているより

アメリカ暫定軍事政府は、クリス・ミラー国防長官、ジョン・ハイテン統合参謀本部副本部長兼空軍司令官、ピート・ゲイナー国防省長官(元海兵隊員)の3人で構成されている。

ゲイナー国防省長官はロバート・フェントンFEMA長官代行を通じてFEMAを指揮している。

マイケル・フリン将軍は、非公式の軍事情報リーダーであり、トランプと彼のチームの数千人の同盟指導者との、裏での連絡役であった。

ジョー・バイデンは、真の権力を持たない、2020年11月2日に破産したアメリカ法人の上に、違法に選出された「大統領」であった。

  [3484]東北地方のM7.3地震の一考察
Date: 2021-02-14 (Sun)
2月13日pm11:08、東北地方でM7.3の地震がありました。10年前の東日本大震災の余震と言われていますが、余震とはなんぞやということも明確にされていません。本当に10年も余震なるものが継続するのかと疑問に思う人も多いと思います。

地震の原因は地震エネルギーなるものがあって、それが解放されるのであるということになっていますが、なぜ10年もエネルギーが残存しているのか、なぜ急にエネルギー解放が頻発するのか、地震学者は何も答えられないと思います。

地震爆発論の解説は何度も行なって来ましたので。改めてやる気もしませんので、相馬市の神社の灯篭がなぜ西側に飛んだのかを解説します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余震減っても、いつでも起こりうる地震 東大・古村教授
2/14(日) 14:02配信
朝日新聞デジタル



地震で倒れた相馬中村神社の石灯籠(どうろう)
=2021年2月14日午前6時38分、福島県相馬市、小玉重隆撮影


 13日深夜に福島県沖で発生した地震は、日本列島の下に沈み込んでいる太平洋プレートの内部で起きた。震源が55キロと深く、地震の規模を示すマグニチュード(M)も7・3と大きかったため、東北から関東にかけての広い範囲に大きな揺れが伝わったという。専門家は「こうした地震はいつでも起こりうる」と注意を呼びかけている。

 東京大地震研究所の古村孝志教授(地震学)によると、今回の地震は、太平洋プレートが陸側のプレートの下に沈み込んでいくあたりの地下深くで発生した。太平洋プレートと陸側のプレートとの境界がずれ動いたことで発生した東日本大震災とは違い、太平洋プレートの内部が押される力で壊れたとみられる。

 震源が深く、東日本の広い範囲で震度4以上の大きな揺れになった。固いプレートの内部で発生したため、揺れが同心円状に遠くまで伝わりやすかったとみられる。東日本大震災は震源が約24キロと浅く、海底が広い範囲で大きく動いて巨大津波が発生した。今回は震源が地下深くだったために海底の地形に変化がほとんどなく、大きな津波は発生しなかった。

 古村さんは「震源の場所から、今回の地震は広い意味では東日本の余震だが、発生したメカニズムはかなり違う。余震は確かに減っているが、もともと東北の太平洋沖は地震活動が活発な地域。プレート内部の地震も、プレート境界の地震もいつでも起こりうる」と注意を呼びかける。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

相馬神社の位置は次図のようになり、灯篭はほぼ南北に並んでいます。



灯篭が西側に飛ばされるように倒れたのは、東方の海域にある震源地で爆発がほぼ鉛直方向に起きたからです。鉛直つまり、直下型地震のために“押し円錐軸”が鉛直になるために、陸域では東向きの加速度が発生するからです。

気象庁の会見でも、女性の担当者が「圧縮軸が東西方向に配置された」と解説していますが、東西に配置されるのは圧縮軸ではありません。そのような解釈では地震現象を説明できません。




NHK報道「震度6強の福島 相馬 桜の名所の公園 灯籠24基に被害」によれば反対側の石灯篭も西側に倒れたようです。


  [3483] 驚天動地のトランプ革命
Date: 2021-02-04 (Thu)
驚天動地の情報だけを載せておきます。各自で確認してください。

100.000人のグローバル銀行家逮捕中, 暫定米軍政権は2月5日に米国内のすべての公式メディア(ラジオ、テレビ、新聞)を(強制的に)支配する。

人口を解放し、人口に対する大量虐殺(ワクチン接種)を阻止するために世界中のデープステーツのグローバル大量逮捕は順調に進んでいるようだ。プーチンのメッセージ。



  [3482] 前アメリカ合衆国大統領トランプ氏が第19代のアメリカ共和国大統領に就任か
Date: 2021-01-23 (Sat)
トランプさんが、このまま舞台から消えるはずがない。

就任式での一網打尽劇を期待していた人が多かったでしょうが、失敗したことが分かります。






でも軍部がはトランプを支持しているのですから、予定通りの第19代共和国大統領に就任するものと思われます。



  [3481] 産経新聞の変質、黒瀬記者がおかしい
Date: 2021-01-14 (Thu)
産経新聞がまったく変質してしまいました。
特に、米大統領選挙を報道する黒瀬支局長の偏向はひどいものがあります。

議事堂に侵入して暴れてのはアンティファのメンバーです。議事堂の防御策を開けて誘導した警官が二名逮捕されています。なのに、どうしてこんな報道ができるのか、不思議です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トランプ氏は「米民主主義の脅威」 弾劾訴追、超党派で広がる認識
1/14(木) 20:07配信
産経新聞

産経新聞黒瀬悦成ワシントン支局長


 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領が13日、下院で米憲政史上初となる在任中2度目の弾劾訴追を受ける事態となったのは、トランプ氏が昨年11月の大統領選で「不正があった」として自身の敗北を認めず、支持勢力をあおって連邦議会議事堂の占拠事件を引き起こし、米民主主義制度への信頼を大きく損ねたためにほかならない。

【写真】連邦議会議事堂内に侵入したトランプ大統領の支持者ら

 下院の弾劾訴追決議案(起訴状に相当)の採決では、共和党から10人が賛成に回った。このうちチェイニー元副大統領の長女で、将来の共和党の旗手と目される下院共和ナンバー3、リズ・チェイニー議員は「大統領が暴徒をたき付け、暴徒に(行動を)呼びかけ、炎上させた」と指摘し、事件の責任はトランプ氏にあると強調する。

 トランプ氏は、大規模な不正の存在を示す信頼に足る証拠を何一つ提示できていないにもかかわらず、側近らとともに「選挙が盗まれた」と主張し続け、支持勢力に選挙結果に関する誤った認識を拡散させた。

 加えてトランプ氏らは、裁判や集計手続きによって選挙結果が逆転する見通しがないのに、支持勢力に向けて全く逆の幻想を振りまき、結果的に裏切られた支持勢力を議事堂襲撃に駆り立てる結果を招いた。

 連邦議会議事堂への大規模な襲撃は、米英戦争末期の1814年に英軍に焼き打ちされて以来207年ぶり。国内勢力に襲われるのは米史上初めてだ。

 また、議事堂を占拠した勢力の中には、事前に周到な襲撃計画を立てていた極右組織も含まれていたとされ、米治安機関は今回の議事堂襲撃が左右の反体制勢力を政府機関への国内テロ攻撃に駆り立てる動機づけになった恐れがあるとして警戒を強化している。

 特に、1週間後に迫るバイデン次期大統領の就任式に合わせた過激勢力による首都や全米の州都への攻撃を許す事態となれば、米社会の混乱に一層の拍車がかかるのは避けられない。

 トランプ氏は13日のビデオ声明で議事堂襲撃を強く非難したものの、襲撃を扇動したと受け止められている自身の言動の責任には一切言及しなかった。選挙に不正があったとする主張も撤回していない。

 共和党陣営では、退任間近のトランプ氏を弾劾しても国内の分断を深刻化させるだけだとして否定的な声が根強いのも事実だ。しかし、13日の弾劾訴追決議に共和党からも賛成者が出たことは、トランプ氏が米民主主義体制への脅威であるとの認識が超党派で存在することを示している。

 保守派の論客であるヘンリー・オルセン氏は米紙ワシントン・ポストへの寄稿で、弾劾訴追の真の目的はトランプ氏の大統領選への再出馬を阻止するためだと指摘し、米国に「再生の機会」を与えるため、共和党陣営に同氏を弾劾裁判で有罪にするよう訴えた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

黒瀬氏はアメリカにて工作を受け、完全にDSサイトの人間になってしまったのだろうか。

もう日本には信頼できるメディアはなくなってしまいました。

情報はもっぱらネットで集めるしかないようですが、きっとトランプ大頭領が是正してくれるものと期待しています。

14日に大統領から発令されるという「緊急放送」を期待しています。

追記:

大紀元がアメリカで行なわれている「米国版文化大革命」を報じています。
黒瀬記者も紅衛兵出身なのかと思ってしまいます。


  [3480] トランプ大統領の遠大な目的
Date: 2021-01-14 (Thu)
リン・ウッド弁護士が「真実だから観ろ」と言ったという動画を紹介します。




トランプ大統領は、軍の支援を得て、アメリカの共産化を防ぐために、全てを捨てて立ち上がった人であることがよく分かります。
ワシントンの非常事態宣言は1月24日まで続きます。その間に何かおどろくべき展開があるのでしょう。


[3433]に紹介したQFSに話が28:50辺りで語られます。これがあるから、トランプ票が何処に捨てられ、何処で燃やされたのか、すべて把握されているはずです。


「クリントン・オバマたちが仕掛けたクーデターの逆クーデターを我々は仕掛けている」
「我々の目の前ですごい歴史的な瞬間が起こっている」と語るピーチェニク


1月20日のバイデン就任式がバーチャルで行なわれるということですが、実際にはQFSによる証拠が突きつけられて、

「しらばっくれるな!この桜吹雪が見えねぇのか!」

といわれて「お縄頂戴」で終わるのかもしれません。




  [3479]トランプ大統領が反乱法を発動した
Date: 2021-01-11 (Mon)
トランプ大統領が反乱法を発動し、すでに逮捕者が出ているようです。

サイモン・パークス氏が報じる情報を和訳したものが載っていましたので紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

反乱法が発動された!
2021年01月11日

反乱法が発動されました。
空軍は国外に脱出しようとするプレイべート航空機を監視しています。
コーストガードと海軍は、国外に脱出しようとするプライベートなヨットやボートを監視しています。
各州への軍の配置が完了しています。

トランプ大統領と家族は地下の安全な場所に保護されています。

様々な国でアメリカ大統領選挙に絡んで不正を働いた者がいます。
また、それ以外の反逆行為を働いた者もいます。
それらを逮捕するための作戦を実行しています。

昨夜(1月10日)、パキスタンの40%を停電させました。
その目的は、
アメリカのGEはF16のターボエンジンを受注していますが、その技術が中国のコングロマリット(複合企業)に売り払われる寸前であったことが、1月6日の議会で押収したナンシー・ペロシ以下15台のラップトップPCから明らかになりました。
オファーされた売値は54億ドルで、この取引がパキスタンで行われる予定になっていたため、その阻止のための作戦が実行されたとのことです。

イタリアのバチカンでも停電がありました。
去年の夏に既にローマ法王は失脚したようです。
今回のバチカンの選挙干渉は悪魔の手先の枢機卿たちがやったことでしょう!
イタリア首相と選挙データを改竄するために使用されたバチカンのレオナルディ衛星に関与した高い地位の軍人を逮捕することにイタリアの裁判所は同意しました。
イタリア政府は、責任を免れることが出来るように、衛星レオナルディがハッキングされたことにして欲しいと打診しています。
アメリカは了承するかもしれませんが、条件を付けて、誰と誰と誰を逮捕しろ、と言うことになるでしょう。
その逮捕劇が行なわれた模様です。

ドミニオンのサーバーがフランクフルトにあったことは周知の事実です。
今度はベルリンの一部が停電しました。
その関係の逮捕劇があったものと思います。

カナダのケベックでも20:00〜21:00の外出禁止令が出され停電しました。
ここでも選挙関連の逮捕劇があったことを示します。

イギリスでも停電がある見込みです。

このようにアメリカを貶めた世界に散らばっている悪を捕まえようとしているのです。

この逮捕劇は段階的に実施されますが、私たちがよく耳にするビッグネイムが逮捕されるのは、もうちょっと先のことです。

この逮捕劇にはマイケル・フリンが重要な役目を担っています。
彼は新しい共和国の副大統領になるかもしれません。

トランプ大統領は愛国者のメディアを通じて演説をする予定ですが、もしそれが反対勢力によって邪魔されるようなことがあれば、携帯に対するハワイを含めた緊急放送システムを使うことになりまが、それは最後の手段です。

ジョウ・バイデン、息子のハンター・バイデンの色々な映像を入手していますが、お見せできないものばかりです!
彼らは逮捕されて当然の輩です。


以上のような情報を得ました!
既に反乱法が発動され、逮捕劇が世界で始まっています!!

<参考サイト>

<はろーふろーむロングビーチ:サイモン・パークスさん1月10日動画(和訳)米国時間2021/1/10>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鳴霞情報ではペロシ下院議長が逮捕されたそうです。

アメリカは急速な「変革」を迎えています。

逮捕は世界中で行なわれるということで、日本にも米国の軍用機が到着したと報じています。

真相の公表には相当の期日が必要だと言われています。

トランプ大統領は選挙による大統領としての任期は一期のみでしたが、魂の兄弟であるジョージワシントンらしく、「戦争に勝って就任」する大統領として、2期目を迎えるのではないでしょうか。

逮捕されたというペロシ下院議長に関する情報も紹介します。


  [3478]メディアは中共の一員であることが明白になった
Date: 2021-01-08 (Fri)
朝日新聞社との合弁企業「ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社」が運営しているハフポストが、昨日の米国議会襲撃はトランプ陣営が起こしたことを隠して、報道しています。

現役の大統領の発言をシャットアウトする暴挙は「国家反逆罪」に当たるでしょう。

米国に敵対する中共勢力、つまり敵陣が国内にたくさん侵入している中で、トランプさんは戦っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トランプ氏、大統領としてFacebookを使うことが不可能に。FBとインスタがアカウントを無期限停止
1/8(金) 10:31配信

ハフポスト日本版
CHRISTOF STACHE via Getty Images

Facebook社のCEOマーク・ザッカーバーグ氏は1月7日、トランプ大統領のアカウントを無期限で停止すると発表した。


Facebook社のCEOマーク・ザッカーバーグ


停止理由として、ザッカーバーグ氏はトランプ大統領が支持者らのワシントンD.C.での暴動を扇動したことを挙げた。

「ドナルド・トランプ大統領が残りの大統領任期を使ってジョー・バイデン氏への平和で法に従った政権移行を攻撃しようとしていると、この24時間で起きたショッキングな出来事ははっきりと示しています」

「大統領が我々のサービスを在任中に使い続けることには大きなリスクがある、と我々は考えます。したがって大統領のFacebookとInstagramアカウントを無期限か少なくとも平和的な政権移行が行われるまでの2週間停止します」と、説明する。

Instagramのアダム・モッセーリ代表も「異例の事態、そして昨日の連邦議会での暴力を大統領が非難ではなく許容したことから、私たちは彼のアカウントを無期限、少なくとも2週間停止します」と発表した。

ハフポストUS版この決定により、トランプ氏は大統領としてFacebookそしてInstagramを使えなくなる。

この発表の1日前には、トランプ氏の支持者らがアメリカの首都ワシントンD.C.にある連邦議事堂に侵入し、暴動を起こした。

しかしトランプ大統領が暴力の沈静化や暴動者の非難をせず、暴力を起こした支持者らに「君たちは特別な存在だ」と伝える動画をTwitterやFacebookに投稿した。この投稿の後、FacebookとTwitterはトランプ氏のアカウントを12時間凍結した。

TwitterやFacebook以外のプラットフォームも、トランプ氏への規制を初めている


トランプ氏の選挙陣営とトランプ・オーガニゼーションが商品販売に利用しているEコマースのShopifyは7日、トランプ氏のページを閉鎖すると発表した。

閉鎖理由についてShopifyは「Shopifyの利用規則は、暴力で脅すもしくは暴力を許容する団体・プラットフォーム・人々のプロモーションやサポートを禁止しており、トランプ氏の行動がその利用規則に反したため」とハフポストUS版に説明した。

また、ゲーム好きに人気のライブストリーミングプラットフォームTwitchも、トランプ氏のチャンネルを一時停止したとレポーターのキャシー・ニューマン氏に説明した。

「現在の状況と暴動を煽動すような大統領の発言から、私たちのコミュニティを守り、Twichがさらなる暴力を防ぐために(一時停止が)必要なステップだと決定しました」と、同社は述べている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まるで、中国共産党が声明を発しているのかと思うような内容です。

こんな闇の勢力に現役の副大統領まで染まっているのですから、もう「反乱法」を適用して国内勢力を一掃し、本陣である中国共産党殲滅に取り掛からなければならないでしょう。

日本の中にも闇の勢力に染まった一味が居るはずです。

これからが、日本の闇一掃の戦いになるのではないでしょうか。

  [3477] アガシャ大王が生き埋めにされた時のような蛮行
Date: 2021-01-07 (Thu)
今日ワシントンで起きたことは本当に恐ろしい光景でした。

議事堂の警備柵を開放したのはワシントンDCの警察だったことがビデオに残っています。

警備がただの演技だけだったことを示す動画も複数残っています。




また、アンティファとBLMがトランプ・デモにバスで輸送されてきた。そのバスを警察が先導していたと証言する人もいます。

アンティファのメンバーがトランプ支持者に紛れ込んで、議事堂侵入をトランプ陣営が企てたかのように装う映像も報道されています。



路徳社は次のようにメディアの悪質報道を指摘しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.主流メディアが国会事件についての世論を違う方へ誘導している

◆国会事件が起きた時、主流メディアはすぐにみんな揃って同じ方向へ誘導する報道を始めた。

◆これらのメディアはトランプ大統領の支持者を「反乱者」、「テロリスト」、「暴徒」と呼んだ。

◆Twitter社もトランプ大統領のTwitterアカウントを12時間凍結した。

◆主流メディアは明らかに発言権と道徳的な高みを握ろうとしており、事件の深刻さを誇張し、国会事件の責任をすべてトランプ大統領に押し付け、トランプ大統領に大きな心理的な圧力をかけ、選挙全体に打撃を与えようとしている。

2.国会荒らし事件の黒幕は中共

◆メディアが国会はトランプ支持者によって荒らされ、占拠されたと報道しているが、国会を荒らした人の中にはいったいトランプ大統領を支持している者はどのぐらいいたのか?

◆香港立法会事件では、中共が抗議者のふりをした工作員を送り込み、立法院を占拠し、流血事件を引き起こした。その目的は視線をそらすためと事件の原因をなすりつけるためであった。そして、最終的にそれを暴動として発表した。

◆そのやり方はそっくりそのまま、1月6日の米国国会に使われた。

3.これは戦争である、大統領選挙ではない

◆1月6日午後、国会事件が起きたあと、多くのメディアはその責任をトランプ大統領とその支持者に擦り付けた。

◆表面上トランプ大統領に不利なように見えるが、真相の前ではさらに多くの人が目を覚ますだろう。

◆今日の事件は非常に多くの疑惑と偶然が重なっている。あらゆる混乱した情報と新たな策略がどんどん出てくる。

◆情報が飛び回っているときこそ、理性的に考える必要がある。ネット上にある様々なフェイクニュースに混乱させられないことが大切である。

◆最終的ではこの事件の本質は大統領選挙ではなく、戦争であることを理解しなければならない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

路徳社が言うように、これは中共と米国との戦争です。トランプが負けるということは、アメリカが中共に敗北することを意味します。

さらに言えば、同盟国である、日本が負けることをも意味します。歴史は、第三次世界大戦が起きていたことを記すことになるでしょう。

議会はバイデンの勝利だと決定したらしいが、これで、トランプが本当に敗北したのなら、天意は「地変」クラスの意思を示すのではないでしょうか。

アガシャとその信者を広場で生き埋めにした、アトランティスの時の様に、海底に沈められるほどの神罰がくるように思います。

トランプ大統領は、決してギブアップしてはならないと思います。バイデンの犯罪が明らかにされれば、バイデンの大統領就任は不可能になります。

デルタホースがウクライナでバイデンの施設を急襲して入手したという証拠を明らかにすればよいことです。

トランプ大統領に神のご加護があるように祈るしかありません。

  [3476] アメリカを裏で操るオバマの霊的正体
Date: 2021-01-05 (Tue)
米大統領選選挙の不正操作に関するジョージア州の公聴会で、投票集計器が外部と繋がっている事が分かったという証拠が発表されています。



このような明白な犯罪行為の裏幕がノーベル平和賞を受賞したオバマ前大統領だというのですから驚きです。
オバマは、ヒラリーを大統領に据えて、二期8年の後には妻のミシェルを大統領にするべく、ヒラリーを罠に嵌めたことも分かって来ました。ヒラリーが賄賂を受け取る現場を設定した本人が証言しています。



信じられないような悪質な方法で、アメリカを腐敗させようとするオバマとは如何なる人物なんでしょうか。
エポックタイムズは黒人マルクスと表現しています。







マルクス主義者だからというだけでは、このような法律無視の非社会的行為は想像できません。魂の中に遠因があるように思います。

それは彼の魂がスペインに滅ぼされたアステカの王「モンテスマ」だ知れば、白人文明への復讐に燃える理由が納得できます。

そしてまた、習近平の中国とも良好な関係を結ぶ外交方針を取ったことも理解できます。両者ともに、「白人による植民地支配のカルマの刈り取り」を大義名分にしてキリスト教社会を崩壊させようとしているのです。

さらに驚かされるのは、その裏に「地球乗っ取り」を計る異星人の存在があることです。


2012年人類に終末は来るのか?」p.47より


ある種の異星人が地球を乗っ取るために、アメリカと中国というふたつの「地球上の強者」を争わせ、「二虎競食の計」を働きかけているそうです。

マヤ、アステカが白人に滅ぼされた恨み、黒人奴隷として使役された恨み、などが復習の念として、行動のベースにあるようです。そうならば、トランプ大統領が頑張って勝利しても、「二虎競食の計」の被害は回避できないのかもしれません。

しかし、正邪を分かつ一大決戦において、邪の勝利にさせてはなりません。なんとしてもトランプ大統領には勝利して欲しいとの願いをこめて、「トランプ大統領応援With Saviorデモ」を実行させてもらいました。

トランプさんが大紀元や看中国のライブ動画を見てくれることを願っています。

- SunBoard -